このイベントは終了しました。

02 2021
10
(水)

受付終了

伝統木造に存在する三次元斜材の話

コンピューターの無い時代、伝統木造の中に三次元の斜材が構造としてキチッと組み込まれていました。すごいねっというお話です。

40
view

開催日時
2021/02/10(水)
18:30 ~ 20:30

受付開始時間【18:20】

参加希望者/定員
4/10人

空き有り

チケット

2,000円 一般参加

1,000円 和のトラスと伝統を学ぶ会会員

500円 学生

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2021/02/10 18:30 まで
キャンセル受付期限 2021/02/10 18:30 まで
会場 大阪市立浪速区民センター
住所 大阪府大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号
>>大きい地図で見る
主催者  花谷 榮
主催者連絡先 和のトラスと伝統を学ぶ会
担当:花谷栄
truss@hera.eoent.ne.jp
080-8816-1054
イベントID E21207

詳細情報

『日本の三次元トラス』隅合掌
『日本の三次元斜材』 隅木
『大工の道具 さしがねの話』
〜裏目という日本の伝統木造にしかない単位について
 
 
「筋交」などの二次元斜材は日本では本建築に使いませんでしたが、三次元の斜材は積極的に利用してきました。
それが、社寺などで使われている「隅木」です。
この「隅木」の技術があったので、西洋から輸入された二次元のトラス技術は「隅合掌」という日本にしかない三次元トラスを生み出しました。
それを可能にしたのが大工の道具である「さしがね」の存在です。
日本の三次元斜材である「隅木」
日本にしかない三次元トラス「隅合掌」
日本の伝統木造にしかない「裏目」という「さしがね」の単位についてお話します。

 

イベント主催者

花谷 榮

  • facebook

WEB:https://hanahappy.wixsite.com/truss

西洋合掌という伝統木造トラスの軸組を主人と二人で造っています。
住まいと切っても切れない暦や風水などの世界に足を踏み入れて占導師となり、
建築を通して「安全で安心して暮らせる住まい」作りのお手伝いをすること。
占導を通じて「自分で自分を幸せにする」お手伝いをすること。で活動中です。


お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート