04 2020
12
(日)

受付中

【名古屋開催!!】今からでも間に合う!人気FPが伝えたい令和を勝ち抜く資産形成術

9
view

開催日時
2020/04/12(日)
15:00 ~ 17:00

受付開始時間【14:30】

参加希望者/定員
0/30人

空き有り

チケット

無料 参加チケット

支払い方法
申込受付期間 2020/03/25 12:30 ~ 2020/04/12 14:00 まで
キャンセル受付期限 2020/04/12 15:00 まで
会場 Time Office 名古屋 Time I
住所 愛知県名古屋市中村区名駅二丁目41-10アストラーレ名駅6F
>>大きい地図で見る
主催者  株式会社レアルエージェンシー
イベントID E19907

詳細情報

日本で唯一!20代で、CFPとFP1級を保有した独立系FP重永響太が登壇!!
資産形成・運用のみならず幅広い分野に精通した名古屋の大人気ファイナンシャルプランナー!!

CFPとは、世界医24か国・地域で導入されている、「世界が認めるプロフェッショナルFPの証」で、FPの頂点とも言えるものです。
合格率は、わずか6.6%とかなり難易度の高い資格です。また日本国内に、資格保有者は、わずか21,228名しか存在しません。

そんな重永氏から学べる「令和を勝ち抜く資産形成術」

資産形成を始めるにあたっての基本マインドから、具体的に自分は、どの位の資産を目標に運用していくべきなのか?
人生100年時代を生き抜くための自分にあった資産形成のポートフォリオを学んで頂ける内容となっております。

老後2000万円不足は何が問題なのか?

2019年の6月に金融庁から公表された老後2000万円不足は、あくまでモデルケースであり、ただの試算である。これがすべてに適用されるものではない。
むしろ、このモデルケースは、東京など都市部に住む年金受給世帯を想定しているようだが、支出の内訳を見ると、
教養娯楽やその他の消費で約79,000円/月かかるとしており、都市部で、現役時代と同じ生活をしようとした、少し裕福な老後生活を想定したモデルケースといえる。

その点では、住む場所によって支出額が違うことを考えれば、このケースは参考にならない。地方では、家とちょっとした農地などを持っていれば、
住居費や食費、娯楽、その他の消費も都市部ほどかからない。生活費が10万円ほどですむところもあると聞く。

また、年金受給期間が95歳までの30年間とする前提で2000万円足りないというが、現実にそうなるか分からないから、
あくまで仮定と言うほかない。そう考えると、老後生活で必要な生活費は、個々人が置かれている環境によって異なるのであって、一律に2000万円足りないというものではない。

だからこそ、周りの情報に踊らされて慌てるのではなく、現状の生活支出を見直して私たちは適切な備えをする必要があります。
まだお金に対する目標が明確でない方は是非専門家の知識をご活用ください。

こんなことが学べる
---こんな事が学べる---

若手CFPのホープ!!重永響太氏から学ぶ「令和を勝ち抜く資産形成術」

◆資産形成と資産運用の違いって?

◆じぶん年金はいくら必要?

◆各金融商品のメリット、デメリット

◆金融のプロたちは気付いてる乗っからなければもったいない国の政策

◆インフレに負けない資産形成とは

あなたのライフプランに合わせたマネープランがきっと見つかります!!

※同業者など営業的な情報収集防止の為、受付の際には、保険証や名刺等の提示をお願いしておりますので、あらかじめご了承下さい。

イベント主催者

株式会社レアルエージェンシー

人口減少や少子高齢化社会など私たちの未来には不安要素が多々ありますが、
何も対策を練らずに老後生活を迎えてしまうのは大きなリスクではないでしょうか?
現役世代のうちに中長期的な対策を練ることでより豊かな未来を実現するお手伝いをさせていただきたい。
それが私たちの企業ポリシーであり、ご相談会、セミナーなどを通じて皆様の良きライフパートナーとなれるよう日々、邁進しております。


カテゴリ: セミナー・勉強会
お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート