このイベントは終了しました。

01 2020
18
(土)

受付終了

AR Fukuoka: Azure Kinectと簡易ホログラム配信システム(キャプチャ&送信編)

ハンズオン形式の勉強会です。

607
view

開催日時
2020/01/18(土)
13:30 ~ 18:00

受付開始時間【13:00】

参加希望者/定員
5/5人

満席

チケット

無料 (完売)AR_Fukuoka

追加オプション

(完売)Kinect貸し出し

支払い方法
申込受付期間 2020/01/18 13:30 まで
キャンセル受付期限 2020/01/04 00:00 まで
会場 参加者にのみ公開
住所 福岡県福岡市早良区
主催者  Taka_Yoshinaga
イベントID E19317

詳細情報

人物の3Dと動きを記録し、その様子をARやVRを使って様々な角度から閲覧できるVolumetric Video技術、いわゆるホログラム技術に対して注目が集まっています。

このデータを手軽に作成する上で便利なデバイスとして知られているのがKinectをはじめとするRGB-Dセンサです。
残念ながらRGB-Dセンサの定番だったKinect v2は2017年に生産を終了してしまいましたが、2019年の6月にAzure Kinectとして復活を遂げました。

そこで前回、Kinectなどで取得できる3次元点群(Point Cloud)のストリーミングを受信し、ARやVRで表示する仕組みについて解説しました。
今回はその続きとしてホログラムをキャプチャし、配信するまでの仕組みについてハンズオン形式で解説します。もちろん今回からの参加も大歓迎です!
Kinectの使い方はもちろん、2D⇄3D変換についてもご紹介しますのでご興味がある方はぜひご参加ください。


※100%同じものになるわけではないので、その点はご了承ください。 

------------------------------ 開 催 概 要 ------------------------------
 
■参加費:無料
■予定時間:13:30~18:00
※今回はボリューム多めのため多少延びる可能性あり  
■対象:画像処理やARに興味のある人向け。(専門知識は不要)
    プログラミングはちょっとわかる程度でOK
    (変数・関数という言葉に抵抗がなければ)

 
■必要なモノ:
・PC(Windows)
・VisualStudio 2017以降
・Unity 2017の指定のバージョン(後日アナウンスします)
 

イベント主催者

Taka_Yoshinaga

  • twitter

WEB:http://t.co/BkIkIjtq6V

可視化技術や人間計測技術を活用した問題解決に関する研究をやっています。あとMicrosoft MVPです。それはさておき日本酒飲みたい


お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート