このイベントは終了しました。

09 2019
13
(金)

受付終了

with meeting#1 「性犯罪に関する法律のこれからを考える」

「ひととひと」with meeting#1では「性犯罪に関する法律のこれからを考える」をテーマにゲスト講師弁護士上谷さくら先生に性犯罪に関する国内外の法律を話していただきます。性犯罪に対する今の社会へのモヤモヤ、法律の入門編として、「ひととひと」の活動に興味があるなど皆様のご参加をお待ちしています

14
view
開催日時
2019/09/13(金)
17:00 ~ 19:00

受付開始時間【10:00】

参加希望者/定員
0/30人

空き有り

チケット

2,000円 性犯罪に関する法律のこれからを考える

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2019/08/28 10:00 ~ 2019/09/12 23:30 まで
キャンセル受付期限 2019/09/13 17:00 まで
会場 御茶ノ水レンタルスペースOHANA
住所 東京都千代田区外神田2‐19‐14お茶の水ミワビル 3階
>>大きい地図で見る
URL https://forms.gle/MZnQEZkzs3HyPZaq6
主催者  ひととひと
イベントID E18212

詳細情報

「ひととひと」主催第一回目のwith meetingは、弁護士の上谷さくら先生をお招きして「性犯罪に関する法律のこれからを考える」をテーマに行います。性犯罪の横行する現在の日本社会では、性被害を受けてもさまざまな理由から起訴することができなかったり、証拠や訴えが認められたにも関わらず、加害者が無罪となったりするケースが後を絶ちません。こうした状況はなぜ起こりうるのでしょうか?また、性犯罪を規定する刑法には、どのような内容が記載されているのでしょうか?
今回はこうした疑問をもとに、性暴力被害事件の解決や110年ぶりとなった刑法改正会議に携わってこられた上谷先生に、性犯罪を規定する国内外の法律についてお話しいただきます。発表後はフリートークの時間を設け、来場者のみなさんとともに、講演の内容やこれからの社会に求められる法律などについて考えていきたいと思います。セクハラや性犯罪が多発するいまの社会にモヤモヤしている方、法律に興味はあるけど難しそうという方、事件がどのように解決するのか知りたい方、「ひととひと」の活動に興味のある方など。皆様のご参加をお待ちしています!

講師 上谷さくら(弁護士)
福岡県出身。青山学院大学法学部卒。毎日新聞記者を経て、平成19年弁護士登録。犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務次長。第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会委員。青山学院大学法科大学院実務家教員。保護司。殺人、性暴力被害、交通事故等の犯罪被害に関する刑事事件、民事事件を中心に活動している。焼肉酒家えびす集団食中毒事件被害者弁護団団長、軽井沢スキーバス転落事件弁護団。110年ぶりの刑法改正の会議等にも関わる。共著『2訂版 ケーススタディ 被害者参加制度 損害賠償命令制度』(東京法令出版/2017年)『犯罪被害者支援実務ハンドブック』(東京法令出版/2017年)など。その他論文、講演多数。 犯罪被害者支援弁護士フォーラム(VS フォーラム)https://www.vs-forum.jp/

「ひととひと」は、アーティストが中心となって結成したコレクティブです。性犯罪の背景にある社会構造や、美術史や美術業界における国内外のジェンダー・ギャップなどについて勉強・研究を行っています。

イベント主催者


お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート