02 2019
23
(土)

受付中

ほんとの空が戻る日まで~東日本大震災と熊本地震の教訓から学ぶ~

被災地域が抱える課題、復興に向けてのさまざまな活動をご紹介するとともに、復興への取り組みを通して得られた経験や知見を「経験知・支援知」とし、将来の大規模災害にいかに活かしていくべきかについて議論します。

32
view

開催日時
2019/02/23(土)
13:00 ~ 17:30

受付開始時間【13:00】

参加希望者/定員
1/150人

空き有り

チケット

無料 FUREシンポジウム

支払い方法
申込受付期間 2019/02/23 13:00 まで
キャンセル受付期限 2019/02/23 13:00 まで
会場 熊本学園大学
住所 熊本県熊本市中央区大江2丁目5番1号
>>大きい地図で見る
主催者  福島大学
主催者連絡先 うつくしまふくしま未来支援センター
担当:うつくしまふくしま未来支援センター
fure@adb.fukushima-u.ac.jp
024-504-2865
イベントID E15836

詳細情報

東日本大震災・原発事故から8年、また熊本地震発生から3年が経過しようとしています。

本シンポジウムでは、被災地域が抱える課題、復興に向けてのさまざまな活動をご紹介するとともに、復興への取り組みを通して得られた経験や知見を「経験知・支援知」とし、将来の大規模災害にいかに活かしていくべきかについて議論します。

開催日時:2019年2月23日(土) 13:00~17:30
会   場:熊本学園大学11号間7階 (熊本市中央区大江2丁目5番1号)

【プログラム】
〈13:00~13:15〉挨 拶
幸田 亮一 熊本学園大学 学長
中井 勝己 福島大学 学長

〈13:20~14:20〉 基調講演 「熊本地震からの復旧・復興、そして未来への礎づくり」
大西 一史 氏  熊本市長

〈14:30~15:10〉 現状報告
「熊本の現状と課題」 藤本 延啓 熊本学園大学社会福祉学部 講師
「福島の現状と課題」 初澤 敏生 FUREセンター長

〈15:25~17:25〉 パネルディスカッション
テーマ:「東日本大震災と熊本地震の教訓から学ぶ」
モデレータ:初澤 敏生 FUREセンター長
パネリスト
○藤本 延  啓  熊本学園大学社会福祉学部 講師
○照屋 明日香  熊本学園大学ボランティアセンター ボランティア・コーディネーター
○本多   環   FUREこども支援部門 特任教授
○深谷 直  弘  FURE地域復興支援部門 特任助教

〈17:25~17:30〉  挨 拶

イベント主催者


お気に入りに登録 チラシをダウンロード Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート