このイベントは終了しました。

08 2018
26
(日)

受付終了

元紅茶専門店スタッフコンビが振り返る『平成の日本紅茶史』

紅茶飲料の普及、セルフ系喫茶店の普及、ネット通販の拡大など平成の社会変化を受けて、紅茶の楽しまれ方はこの30年でどのように変わっていったのか。ティーブレンダーの熊崎俊太郎氏とともに、平成の日本紅茶史を振り返ります

491
view

開催日時
2018/08/26(日)
14:00 ~ 16:00

受付開始時間【13:30】

参加希望者/定員
12/12人

満席

チケット

2,000円 (完売)参加費

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2018/08/15 12:00 ~ 2018/08/26 14:00 まで
キャンセル受付期限 2018/08/25 00:00 まで
会場 ギャラリー枝(色々処HIRO)
住所 東京都新宿区四ッ谷1−3望月ビル地下
>>大きい地図で見る
主催者  犬猫紅茶店
イベントID E14326

詳細情報

元紅茶専門店のスタッフコンビが語る
平成30年間で日本の紅茶シーンはどのように移り変わってきたのか


午後の紅茶が発売されたのが昭和末期の1986(昭和61)年

その影響を受けたところから始まる平成紅茶史は、その後、嗜好の多様化、チェーン喫茶店の興隆、インターネットの発達など、さまざまな社会的・経済的影響を受けることにより、80年代には予測されていなかった方向へと拡大しました

平成最後の夏に、この30年間で日本の紅茶スタイルがどのように変容してきたのかを、犬猫紅茶店店主安藤崇がかつての紅茶専門店スタッフ仲間で現在ティーブレンダーとして活躍する熊崎俊太郎氏に話を聞く形で、さまざまな切り口から解きほぐします。ここでしか聴くことのできない内容をぜひお楽しみください


※当日は犬猫紅茶店より紅茶と簡単なお菓子等のサービスがございます。お茶を飲みながらお聴きになり、また少人数ですので気軽にトークにもご参加ください
※お客様の参加費は全額、平成30年7月豪雨の普及支援にあてた募金へと拠出させていただきます
※当日は犬猫紅茶店の茶葉販売も行います(商品代を頂戴いたします)


タイトル:トークショー/平成の日本紅茶史
出演:熊崎俊太郎氏
聞き手:安藤崇(犬猫紅茶店)
日時:2018年8月26日14時〜
場所:ギャラリー枝(色々処HIRO)@四ッ谷
定員:12名
参加費:2,000円

イベント主催者

犬猫紅茶店

  • facebook

WEB:https://shop.inunekotea.com/

https://shop.inunekotea.com/


お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート