このイベントは終了しました。

04 2017
15
(土)

受付終了

発達障害を考える会

人間の脳の解説と、座談会

184
view

開催日時
2017/04/15(土)
13:00 ~ 15:00

受付開始時間【12:30】

参加希望者/定員
0/30人

空き有り

チケット

300円 イベント参加

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2017/04/15 13:00 まで
キャンセル受付期限 2017/04/15 13:00 まで
会場 参加者にのみ公開
住所 東京都千代田区
主催者  kokopelli
主催者連絡先 kokopelli
担当:濱田
kukkle.zanmai@gmail.com
080-6671-8381
イベントID E06722

詳細情報

アスペルガー症候群やADHDといった「発達障害」という言葉を聞いたことがある人も多いかも知れません。

彼らはしばしば一般的な判断や行動ができませんが、それは脳の一部に機能不全があるからなのです。

そのため他の部位が相対的に発達し、優れた才能を発揮することもあります。(凸凹障害とも言います)

 

発達障害に限らず、自分の強み、弱みを正確に理解し分析することは非常に有益です。

(相対的に他人を分析することもできるようになります)

 

しかし、一般にインターネットで書かれているような発達障害の説明は浅く、こんな特徴がある、ということが雑多に羅列されており、誤りが多く強調が不適切です。

 

私も一人の当事者(ADHD)であり、これまで深く自己を分析し、知見を得ました。

実は人間の意識(感情)は2つに分類でき、それぞれ側坐核、扁桃核を中心とする脳回路に由来すると考えられ、それらは対照的な性格をしています。(フロイトの精神分析にも符合する部分があります)

自分の感情がどこに由来するか分析できるようになると非常に面白いです!

 

発達障害(自閉症スペクトラム、およびADHD)は、これら一方の機能に不全があるとき典型的な特徴を示すのです。

 

本会では、はじめに人間の意識を脳科学的な観点から解説したあと、皆さんの性格や体験を共有して頂けたらと思います。(座談会形式)

一緒に感情の由来を分析してみませんか?

 

・日時:4/15 13:00-15:0015時以降は自由に残って歓談もOKです)

・時間:説明2030分程度→座談会

・場所:カラフルピープル神保町

・参加費:300

タイムテーブル

2017年04月15日(土)
13:00 ~ 15:00 解説20〜30分→座談会

ギャラリー

イベント主催者

kokopelli

  • twitter

都内住み♂ 自営始めます。元組込みSEです。ハードウェア、脳科学に興味あり。化学専攻卒、半導体の研究。その他属性:ピアノ/ヴァイオリン/英語/麻雀/将棋/スノボ/フットサル/卓球/アニメ/カラオケ/jubeat/FF/ぷよぷよ/人狼/ボードゲーム/ADD


カテゴリ: 講座交流会・懇親会その他
お気に入りに登録 チラシをダウンロード Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート