このイベントは終了しました。

04 2017
02
(日)

受付終了

悟りに近づく究極のヨーガ行法! 名古屋 4月2日(日)

ひかりの輪オリジナルの悟りのためのヨーガです。クンダリニー・ヨーガと仏教のヴィッパサナー瞑想を融合させた画期的なヨーガです。初心者でも簡単にでき、しかも、効果は高いというものです。

171
view
開催日時
2017/04/02(日)
13:00 ~ 15:00

受付開始時間【13:00】

参加希望者/定員
0/7人

空き有り

チケット

2,000円 参加費

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2017/04/02 13:00 まで
キャンセル受付期限 2017/04/02 13:00 まで
住所 愛知県豊明市栄町上姥子6-139
>>大きい地図で見る
主催者  山口雅彦
イベントID E06462

詳細情報

ひかりの輪オリジナルの悟りのためのヨーガです。クンダリニー・ヨーガと仏教のヴィッパサナー瞑想を融合させた画期的なヨーガです。初心者でも簡単にでき、しかも、効果は高いというものです。


ひかりの輪オリジナルの悟りのためのヨーガです。クンダリニー・ヨーガと仏教のヴィッパサナー瞑想を融合させた画期的なヨーガです。初心者でも簡単にでき、しかも、効果は高いというものです。


◆「サマディ」を目指す「エンライトメント・ヨーガ」◆

エンライトメントとは、悟りのことです。そして、悟りのためには、心が深く静まり、高い精神集中の状態である「サマディ」(三昧)に至る必要があります。

そこでエンライトメント・ヨーガとは、サマディに至る、ないしは近づく深い瞑想に入ることを目的とした究極のヨーガの行法です。

その源は、ヨーガの本場のインドヒマラヤのヨーガですが、それをさらに現代の日本人に合わせて調整し、深い瞑想を促す仏教の瞑想とも組み合わせたものです。よって、実践が容易で、しかも効果の高い行法をご紹介しています。


◆エンライトメント・ヨーガの4つの行法とは◆

エンライトメント・ヨーガのプログラムは、以下のように構成されています。これによって、深い瞑想状態・サマディに必要な心身の状態(浄化されたエネルギーの状態)に、段階的に近づいていくのです。

①ウォーミングアップの行法
②アーサナ(ヨーガの体操・座法)
③プラーナーヤーマ(ヨーガの呼吸法・調気法)
④ムドラー(エネルギーを上昇させる行法)

さらに、エンライトメント・ヨーガは、仏教のヴィパッサナー瞑想(気づきの瞑想、物事を正しく見る瞑想)を融合させています。これらの行法・瞑想の相乗効果によって、深い瞑想に入っていくことが可能となっています。


◆各段階のご紹介:5つのステップで深い瞑想へ!◆

1.第一段階:身体をほぐす(ウォーミングアップの行法)

体の各関節をほぐして、エネルギーの流れをスムーズにする行法です。さらに、それぞれの動作中に、身体の感覚を一定の法則に従って意識する(気づく)「ヴィッパサナー瞑想」を加えます。

2.第二段階:プラーナを取り入れる(プラーナヤーマ・呼吸法)

ヨーガの呼吸法(プラーナヤーマ)によって、体外からプラーナ(霊的なエネルギー)を体内に取り入れるとともに、そのエネルギーの体内での流れをコントロールします。このときにも、ヴィッパサナー瞑想をともに行います。

3.第三段階:エネルギーを引き上げる(ムドラーの行法)

ヨーガでムドラーと呼ばれる特殊な行法によって、体の下部の霊的なエネルギー(アパーナ気)を上昇させます。

4.第四段階:プラーナ気とアパーナ気を融合する(高度なムドラー)

第二段階で体外から取り入れたプラーナ気と、第三段階で引き上げたアパーナ気を融合させます。

5.第五段階:瞑想


◆日時
4月2日(日):13:00~


◆場所:ひかりの輪名古屋教室


◆参加費:2千円


◆お問い合わせ先

ひかりの輪名古屋支部教室
名古屋支部教室担当:山口雅彦
住所:愛知県豊明市栄町上姥子6-139
携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:nagoya@hikarinowa.net


◆ひかりの輪について

■講話会等に参加された一般・識者の方の声:雰囲気を感じていただけます。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/voice/

■ひかりの輪のご紹介:宗教ではなく学習教室。団体を分かりやすくご説明。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/05/0041.html

■プログラムと参加料金のご紹介:全て適価で運営、安心してご参加ください。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/doctrine/2016/09/0402.html

■団体の活動規定:適切な活動のための日弁連の指針に沿っています。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/04/0002_2.html

■団体の改革:過去の反省に基づき、団体を抜本的に改革しました。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/02_2/0042.html

イベント主催者


お気に入りに登録 Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート