このイベントは終了しました。

03 2017
12
(日)

受付終了

3/12 MONOハードウェアスタートアップセミナー 第ニ回スマートデバイスの開発とビジネス立ち上げ

~IoTなど最新テクノロジーを学びながら起業を考える~  第2回●最先端技術の今とこれからを語る ●ビジネスプランの作り方の勘所を学ぶ。事業アイデアの整理から事業計画への落とし込み ~今話題の創業手法、リーンスタートアップについて学びながら、ビジネス成功に不可欠な顧客視点の企画力を養う~

469
view

開催日時
2017/03/12(日)
13:00 ~ 17:00

受付開始時間【12:30】

参加希望者/定員
1/30人

空き有り

チケット

1,000円 MONO入居者

2,000円 学生参加

3,000円 一般参加

5,000円 学生4日通し券

10,000円 一般4日通し券

2,500円 一般参加ペア割

支払い方法

会場払い

申込受付期間 2017/03/12 13:00 まで
キャンセル受付期限 2017/03/12 13:00 まで
会場 テレコムセンタービル東棟14階
住所 東京都江東区青海2-5-10
>>大きい地図で見る
URL https://mono.jpn.com/
主催者  Asia startup office MONO
 Matsui Jun
 Yoshikura Hideyo
主催者連絡先 Asia startup office MONO
担当:インキュベーションマネージャー 石川
03-6426-0955
イベントID E06125

詳細情報

この度、MONOは、ハードウェアでの起業・創業に特化した「MONOハードウェアスタートアップセミナー」を、開講いたします。

全4日9講座を通して、創業について知っておくべき基礎知識から、成功するためのノウハウまで、創業者の体験談やワークショップを交えながら、体系的に学びます。

対象者

・ハードウェア関連でこれから創業したい方
・最新のテクノロジーを使って、事業を考えている方
・大手企業の新規事業部の方
・既に創業をしているが、更に成功をおさめたい方
・創業に関心のある方
※女性、シニアの方も大歓迎

講座の特徴

これから起業する人たちに向けての最新のテーマに特化します。
起業家向けの多彩なゲストスピーカーをお迎えしながら進めます。

講座全体スケジュール

回数 時間 概要
3月5日
(日)
第1回
13:00-17:00 ●起業・創業トークセッション  ハードウェアスタートアップの今とこれから
  第1回の内容はこちら
 
3月12日(日)
第2回
第1部
13:00-14:00
●(仮題)創業体験談 スマートデバイスの開発とビジネス立ち上げ 
  ~  講演内容  (後日追加)~ 
  [ゲストスピーカー]  株式会社Agx 代表取締役  徳山 竜喜氏 
  第2部
14:10-17:00
●ビジネスプランの作り方の勘所を学ぶ。事業アイデアの整理から事業計画への落とし込み 
  ~今話題の創業手法、リーンスタートアップについて学びながら、ビジネス成功に不可欠な顧客視点の企画力を養う~   
  [講師]   モノコト総合研究所  松井 淳氏
3月20日
(月/祝)
第3回
第1部
13:00-14:55
●知らないと損をする!?創業資金のいろいろな調達手段   
  ~事業資金はどのように調達する?ベンチャーキャピタル、公的融資や補助金活用のポイント~ 
  [講師]   モノコト総合研究所   松平 竹央氏 
●ベンチャーキャピタリストが語るVC活用法   
   ~VCから投資を得るエッセンス~  
  [ゲストスピーカー]   Supernova -スーパーノヴァ-  Co-Founder & Director (Community Producer)  栗島 祐介氏 
  第2部
15:05-16:00
●創業から製品を顧客に届けるまで 
  ~  スマートロック Akerunから学ぶモノと会社のつくりかた ~ 
  [ゲストスピーカー]  株式会社フォトシンス   代表取締役副社長COO  渡邉 宏明氏 
  [ゲストスピーカー]  3Dワークス株式会社  最高技術責任者  三谷 大暁氏 
  第3部
16:00-17:00
●まずはあなたの事業や製品を知ってもらおう!将来の顧客とビジネスパートナーづくり 
  ~スタートアップ企業が取るべきマーケティング戦略とお金をかけずに効果を上げる販促の実践的手法~ 
  [講師]   モノコト総合研究所  松井 淳氏
3月26日
(日)
第4回
第1部
13:00-14:55
●いよいよ起業!ものづくり企業が知っておくべき開業実務・税務・法律 
  ~個人事業と会社設立の違いって何?アイデアを守る特許や著作権について基礎知識~  
  [講師]   モノコト総合研究所  吉倉 英代氏 
  [ゲストスピーカー]   アイアット国際特許業務法人   伊藤 哲也弁理士 
  第2部
15:05-17:00 
●ビジネスプランを完成させる!資金調達やパートナーづくりにすぐに役立つ事業計画書 
  ~ビジネスプランの総まとめ ・および修了懇親会~ [ビジネスプラン仕上げ] 
  [講師]   モノコト総合研究所  吉倉 英代氏 
  [ゲスト審査員]   3Dワークス株式会社  最高技術責任者  三谷 大暁氏 


※時間や内容については、予告なく変更となる場合があります。


第2回 第1部 先輩起業家の創業体験談  ~  スマートデバイスの開発とビジネス立ち上げ ~  

この回の概要

 ハードウェアスタートアップ企業の創業事例として、平成27年に株式会社Agxを創業し、IoTデバイスであるスマートヘルメットを開発、スマートデバイス事業を拡大中である、徳山竜喜 氏から創業の楽しさや大変さを交えた体験談についてご講演いただきます。
 

講師プロフィール

株式会社Agx 代表取締役 徳山 竜喜



2000年 South Seattle Community 大学/ Marketing in Business コース卒業後、通信システムサービス企業の株式会社ネットワールドに入社、セールスエンジニアとして勤務。
2004年に米国の大手ネットワークシステムメーカーのシスコシステムズで、シニア営業となり、2010年にBlue Coat Systems., Incに移りシニアチャネルマネージャーを担当。
2015年にはウェアラブル繊維メーカーのミツフジ株式会でウェアラブルビジネス推進室の室長 専務取締役となる。
インターネット関係デバイスのエンジニアおよび15年にわたる外資系IT企業の法人営業としての経験から得られた商品企画力を生かして、
同年12月には、株式会社Agxを設立し代表取締役に就任した。
センサーデバイスとインターネットに関する幅広い知見を生かして、成長が期待されるウェアラブルデバイス分野で、IoT技術を用いたサービスビジネスを興してゆきたいと考えている。

 

第2部 ビジネスプランの作り方の勘所を学ぶ。事業アイデアの整理から事業計画への落とし込み 
  ~今話題の創業手法、リーンスタートアップについて学びながら、ビジネス成功に不可欠な顧客視点の企画力を養う~   

〜楽しみながら起業について考える〜
 

この回の概要

 企業を考え始めたら、まずはビジネスプラン(事業計画書)を作成してみることをお勧めします。ビジネスプランの作成を通して、自らの頭の中にあった事業アイデアを現実的なものとして捉えなおすことで、今後企業に取り組むにあたって突き当たるであろう多様な問題や課題について事前に洗い出して事前準備に取り組むことができます。
 また、ビジネスの立ち上げにあたっては、ヒト・モノ・カネのいわゆる経営資源が潤沢にそろっているケースはまれであり、多くの企業者が最初に取り組むのが、ビジネスを支えてくれる事業パートナーを探すことです。共同経営者や優秀な社員の確保、金融機関やVCからの資金調達、調達先や販売代理店などのビジネスパートナー、そして何よりもあなたの製品を最初に購入して使ってくれる初期顧客に対して、納得感のある事業プランをいつでも説明できるようにビジネスプランを用意しておくことが必要です。それらの協力者にいろいろな角度からプランを評価してもらうことで、思い込みを排除したり有効なアイデアをもらえたり販売先のを紹介してもらえることもしばしばあります。

 ビジネスプランの作成手法としては多様な枠組みがありますが、本講座では近年話題の「リーンスタートアップ」で活用される手法を用いて、ビジネスの骨格づくりについて学びます。リーンとは日本語で「ムダがなく効率的」という意味。事業家の思い込みで顧客にとって無価値な製品やサービスを開発してしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくすための方法論です。

 製品開発と並行して「製品に対するニーズがそもそもあるのか」を確かめる顧客開発を同時に行うことで、最低限のコストと短いサイクルで仮説の構築と検証を繰り返しながら、市場やユーザーのニーズを探り当ててゆき、最適なタイミングでビジネスを拡大してゆくことを可能にします。


アジェンダ

(1) ビジネスプランの意義と重要性 ~作成の目的と使い方~
(2)  ビジネスプランに含めるべき内容
(3) リーンスタートアップとは?~ハードウェアスタートアップが知っておくべき考え方~
(4)  
グループワーク -ビジネスモデルキャンパスを作成してみましょう

 

講師プロフィール

モノコト総合研究所 中小企業診断士 ・上級システムアドミニストレータ/ 松井 淳


 
日本HP等のIT企業で、20年にわたり営業・マーケティングとして、多数のハードウェア・ソフトウェアの新製品の立ち上げを行ってきた経験を生かして、数多くのスタートアップ企業や中小企業にたいして、商品開発、資金調達やマーケティングの支援を行う。

 

定員 

定員:30名(先着順)

注意事項

最少催行人数は10人とさせていただきます。

主催 

アジアスタートアップオフィスMONO


MONO は、3Dプリンタを始めモノづくりで起業する為に必要な設備や起業家向けイベントを通して技術とビジネスの知識を深め、入居者同士のの密なコミュニケーションや情報共有が常に可能なMONOづくりのスタートアップ総合プラットフォームを目指します。
オフィシャルサイト:http://mono.jpn.com/
Facebook : http://www.facebook.com/monostartups
※イベントを開催したい方はぜひMONOまでお問い合わせください。
企画・運営・会場面でご支援いたします!


モノコト総合研究所

中小企業診断士、税理士、社会保険労務士などの専門家で組織する、スタートアップ事業者や中小企業の支援組織。主にものづくり分野やサービス業分野の支援を中心に活動しています。

ギャラリー

MONO クリエイティブコーナー

MONO クリエイティブコーナー

MONO プロジェクトスペース 600平米で電源WIFIありでイベント開催可能。

MONO プロジェクトスペース 600平米で電源WIFIありでイベント開催可能。

MONO フリースペース 広々としたワークスペース。170インチのスクリーンあります。

MONO フリースペース 広々としたワークスペース。170インチのスクリーンあります。

MONO 工作室 3Dプリンター、レーザーカッター、CNCあります

MONO 工作室 3Dプリンター、レーザーカッター、CNCあります

MONO 3Dスキャナーもあります

MONO 3Dスキャナーもあります

MONO A1,A2の大判プリンターもあります

MONO A1,A2の大判プリンターもあります

MONO 大会議室(20人程度まで可能)

MONO 大会議室(20人程度まで可能)

MONO 小会議室(10人程度まで可能)

MONO 小会議室(10人程度まで可能)

MONO 仮眠室あります。(男女完備)

MONO 仮眠室あります。(男女完備)

MONO 東京タワーも見える景色がいいカウンター席もあります

MONO 東京タワーも見える景色がいいカウンター席もあります

MONO 3Dプリンターも利用できます。

MONO 3Dプリンターも利用できます。

MONO テレコムセンター駅直結なので雨にもぬれません。

MONO テレコムセンター駅直結なので雨にもぬれません。

イベント主催者

Asia startup office MONO

WEB:https://mono.jpn.com/

MONOはエンジニア、デザイナー、スタートアップが集うコワーキングオフィスです。
MONOでできることは以下の3つ
①エンジニア、デザイナー、スタートアップの方のコワーキングスペースで24時間「つくる・働く」
②数人から300人程度までの大規模「イベント」の開催
③MONOに集まる人々で構成されたコミュニティを活用した「事業開発」
無料施設見学も可能ですのでお気軽にお問合せください。


お気に入りに登録 チラシをダウンロード Googleカレンダー登録 facebookでシェア Twitterでツイート